column-home

【WBHOUSEってどんなおうち?】通気!風通しこそ過ごしやすい家の秘密だ!

~WBHOUSEってどんなおうち?~

〇WBHOUSEの呼吸➀

~風通しこそ、夏過ごしやすい家の秘密だ~

第一の呼吸!通気!

 

さぁ、家の呼吸の一つ目が【通気】です!

いわゆる【風通し】ですね! もちろん、他の家も風通しを考えて家づくりをしていると思いますが、

WBHOUSEの場合は 家の中、そう!骨組みの中です!

イメージとしては夏の暑い日にTシャツをめくって肌に直接うちわで風を当てたりとか。

そう!服と肌の間に風を送るわけです!

風の入り口は基礎部分にあり、出口は屋根部分に【通気口】というものがついています。

空気の性質を利用した循環システムを利用しています!

自然な空気の流れが、焼け込みの熱を緩和し、無駄な湿気を一掃する仕組みで、

壁の中を空気が流れる事で、室内は熱気の影響を受けにくい快適な空間になります。

湿気で木材が劣化しないから、家はいつまでも丈夫です!

カンカン照りの暑い日に海やプールに入ると気持ちのいい温度に感じるじゃないですか?

身体の表面を水が包み込んで厚さを伝えにくくしているいわゆる【水の壁】が出来るんですね!

一般の建物と比較すると、

外壁⇒断熱材⇒室内壁⇒壁紙⇒室内

 

WBHOUSE

外壁⇒断熱材⇒通気層⇒室内壁⇒壁紙⇒室内

 

通気層が入る事で断熱材にたまっている暑さを直接室内の壁に伝えることなく、

熱気として掃き出し 風の道を通り外に出してくれます!

すごい!!

夏向きの家の真骨頂ですよね!

エアコンのひと手間、【壁を冷やす】という手順も減り省エネに繋がりますね~

夏の話ばかりしてきましたが、冬はどうなんじゃい!

という事で、次は冬です。

 

〇寒くなったら服を着こむ!

人間と一緒です! 家も同じように季節に合わせて衣替えしてくれます。

さっき【通気口】のお話をしましたが、各通気口に気温で伸縮するバネが入っています。

来ているダウンジャケットのファスナーをしめる・開けるのようなものです。

人は手動で行いますが、WBHOUSEの場合は気温に応じて自動で開閉する仕組みになっています。

17度で全部閉まり・23度以上で全部開きます!

 

仕組みはこうです!

通気口からの冷気を遮断し、冬の冷え込みを抑えます。

壁の中に空気の層ができて、家の中の気密性・断熱性がアップします!

壁の中と家の中でおしくらまんじゅう状態!

壁の中の空気を動きにくくすることで、室内暖房の熱が逃げにくくなり断熱性がアップします。

夏の通気性とは一変して、家の気密性が高い状態になります!

 

さぁこれが一つ目の呼吸の【通気】のお話でした!

瞬間の心地よさ【快感】を感じる家ではなくずっと気持ちのいい【快適】を求める家づくりを!

 

動画はこちら♪♪  チャンネル登録もお願いします🏡

column-home

#stayhome #植育 こんな時だからこそ育てる楽しさを♬

こんにちは。

#stayhome #植育 こんな時だからこそ育てる楽しさを♬

コラムホーム広川です!

 

緊急事態宣言も解除され、世間はもとの生活に少しづつ戻りつつありますが

第二波も懸念されている現状、個人個人が予防・注意をしながら毎日を送られて送られていると思います。

 

さて、テレワークや子どもがいる・いないに関わらず、家にいる時間が多く、家の掃除をしたり、DIYをしたり、家族でおうちキャンプをしたりと普段できない事に取り組まれている方も多いのではないかと思います。

 

我が家も・・・

#植育!!


大きくな~れ!


さらに植育!!

自分で種を植えて、きちんと水をあげて、毎日成長していないかを見るのがとても楽しいみたいです!

おかげで・・・

『あっ!朝顔の芽がでてるっ!!』と朝のモーニングワードに(笑)

これを言うとすぐに起きます(笑)


また最近は暑くなってきましたね。

ウッドデッキ部分にはオーニングをつけて日差しをカット!!

デッキの温度も室内の温度も全然違います!!

室内もシーリングファンのおかげで快適に過ごせてます☆


来る梅雨・夏に向けて準備を!!

column-home

【WBHOUSEってどんなおうち?】丸ごと空気清浄機のようなおうち!

~WBHOUSEってどんなおうち?~

〇空気がきれいな丸ごと空気清浄機のようなおうち

~空気がきれいなお家とは?~

 

皆さん空気がきれいというと頭に浮かぶところはどこですか??

日本では【富良野】【屋久島】【日本アルプス】と答えた人が多かったんだそうです!

たしかに聞いただけで空気が綺麗でおいしそうですよね! 空気のポイントはそう!

【二酸化炭素濃度】なんか難しそうで嫌ですね。

二酸化炭素はありふれた物質でその有毒性が問題になる事はまずないです。

しかし!空気中の二酸化炭素濃度が高くなると・・・人体に悪影響が出てくるんですね。

二酸化炭素はゴミを燃やした時の煙や排気ガス等、絶対にすったらまずそうじゃないですか!

人も呼吸をすると二酸化炭素を出すんですが、起きてるときはいいけどねている時は、、、

最近空気のキレイさがよく話題にあがりますが、空気をきれいにするためには?

そう!

 

【空気清浄機】

 

最近はねすごく性能の高い空気清浄機もありますよね?

フィルターを自動洗浄してくれたり、スマートフォンと連動して遠隔操作をしたりと!

作動音も静かな物も色々出てきていると思います。

家全体の空気をきれいにするのには【空気清浄機適用床面積】を見て何台必要か見てみましょう!

さてWBHOUSEは家全体が空気清浄機のような建物です。

少し簡潔にお話しようかと思いますが 建物の壁が空気清浄機でいうフィルターのような物で有害な物質を壁から外に出してくれます。 突き抜けていくという言い方の方が分かり易いかもしれません。

その為、フィルターには何も残らないので掃除もいりません。

後はLDK用・寝室用の空気清浄機とかではなく家全体が清浄機のような作りになっています。

もちろん一切電機も使わないので、電気が使えない時でもきちんと空気をきれいにしてくれています。

〇日本の気候に合った家 次に日本の気候に合った家づくりですが どの部分を参考にしているかというと、

ずばり【夏向きの家づくり】です。

日本には春夏秋冬、四季があります。気温や湿度の変化が激しいんですね。

今の高気密住宅はいわゆる【逆輸入住宅】です。

近年問題視されているのはシックハウス症候群や喘息などの症状ですね。

空気のキレイさにも通づるものがあります、密閉性が高すぎるがゆえ逃がさず、人がすってしまっているんですね。

 

そう、ずばり日本の気候に合った家とは気密性とは正反対の【通気性】のある家です。

建物自体の通気性ですね。

建物自体が風をきちんと通し、取入れる事で、建物に使われている木材が水分を放出する事ができ強くなっていくんですね、逆に貯めすぎると腐っちゃいます。

蒸れ・腐れってやつです。

もちろん通気性だけでは1年を通して快適に過ごす事は難しいので、きちんとした断熱をすることも重要です。

 

WBOUSEは夏は涼しくTシャツに着替え、冬は暖かく防寒着を着るような、環境に合わせて家自体が調整してくれる仕組みの建物になります。

自分たちが呼吸しているように家自体も呼吸をして空気を取り換え常に家の中の空気をきれいな状態にしています。

春夏秋冬、気候に合わせて衣類を調整し夏は速乾性のあるTシャツをきて、冬の寒い時期はダウンジャケットを着る等、僕たちが当たり前のように行っていることを、家も当たり前のように行ってくれています。

2つの呼吸のポイントはまた違う動画でご紹介出来ればと思います。 空気のキレイさもオートメーション化だ!

 

動画はこちら♪♪  チャンネル登録もお願いします🏡

column-home

【ずっと住める家】構造・変化・柔軟!

【3分Home building】

~コラムホームコンセプト➃~

ずっと住める家 ~構造・変化・柔軟~

 

さぁ家づくりにおいてとても大事な事は【家族を守り、ずっと住める】事ですよね。

家を建てよう!と思った方は必ず思うのではないでしょうか??

そして【耐震性】【断熱性】といった性能を考えると思います。

今あげた性能面に関しては基礎中の基礎というように当たり前のように大事です。

 

次に、みなさんは家を建てる時にどんなタイミングで家を建てようと思いますか??

『結婚して』『子供が産まれて』『部屋が手狭になって』『家賃を払い続けるのがもったいない』等々

家を建てようと思う時って自分たちの為にはもちろん誰か(奥さん・子供・両親)の為に家を考える人が多いと思います。

そして間取りを考える時は、今困っている事が解決できるように間取りを作ると思います。

すごく大事な事ですよね!

家を建てて10年~20年と年を重ねていくと当時の生活スタイルから変化してくることも多くあって

子どもは大きくなり家を出ていく、今までは感じなかったが夫婦2人になり家が広く感じる等

その【変化】も考えながら家づくりをしていくとずっと、ずっと孫の代まで住み継いでもらえるお家が出来ると思います。

 

今は、実家を離れて別の土地で暮らす子供も増えてきているとは思います。

自分もそうですが

この【ずっと住める家】は家族はもちろん、

例えば相続をした時に貸家として他の誰かに住んでもらうといったように 色々な可能性がありますね。

その為には、構造・変化・柔軟が大切なんです。

聞いた事がある方も多いかもしれませんが【取れる壁】を設けておくと間取りを変えたい時に柔軟な変化に対応します。

取れる壁自体は主となる構造には関係のない部分で構成されます。

よく耳にするのは『始めは子供室は大きな一室にしてそのあと壁を作って2部屋に分けます!』とかですね。

最近はDIY等も流行っていますが、その人その人の価値観や生活感にあった【お家】に変化させて、

色々な人に住みつないでもらう事で【ずっと住める家】が結果的にできていくと思います。

 

コラムホームでは4つのコンセプトのうちの1つがずっと住める家になってます!

 

さぁこれで設計に大事なコンセプト

➀パッシブ設計

➁家事ラク

➂コンパクト設計

➃ずっと住める家

の4つの紹介が終わりました!

家づくりは考える事がたくさんあります。 色々と情報を集めて後悔のない家づくりを!

 

動画はこちら♪♪  チャンネル登録もお願いします🏡

column-home

おうち時間を楽しむ 巣ごもり生活

新築営業 小林です。

心地よい季節になってきました。

GW中は自宅にいながらほぼ毎日のように

デッキで遊んでいました。

中庭のある暮らし最高です!


一人ゲーマーがいますが、

デッキで焼き鳥を焼きました。


鶏肉をさばいて

串に刺して

久々にキッチンに立ちました。笑

焼き鳥の味は抜群でした!


かなり暖かかったので、

プールもやりました。

最近はなんでも自分でやってくれる長女で

張り切って水を溜めてくれています。

こういう瞬間も親からすると

とてもいいシーンです。


まぁ、2分後にはこうなりますけどね。。笑

 

 

とてもいいおうち時間を過ごせたと思います。

ただ、それでも子供たちのストレスは半端ないものです。

僕もやることがなくなるとイライラしてしまうことがありました。

 

おうちにいる時間を少しでも楽しんでもらいたい。

お子さんとおうちにいながら

おうちづくりの事も少し話ができる時間を作り出したい。

そんな想いでこんなもの作ってみました。


 

おうち組み立てキット!

 

リリースするタイミングが少し遅くなってしまいましたが、

HPのおうち組み立てキット特設ページからお知らせ頂ければ、プレゼントします!!

 

意外と楽しいです!!

意外と夢中です!!

 


からの


こう!

 

まだ未就学児のうちの子供たちには

塗り絵感覚で楽しんでもらいました。

親は切って、貼ってあげてください!

 

OBさんからも

お写真が届きました!


 


二世帯住宅をテーマに作ってくれました!

かわいい!!

 

 

おうち時間あとちょっと楽しもう!

column-home

【コンパクト設計】自分好みの丁度いいサイズの家!大きいだけがすべてじゃない!!

【3分Home building】

~コラムホームコンセプト➂~

自分好みの丁度いいサイズの家〜コンパクト設計〜

大きいだけが全てじゃない!!

 

コンパクト設計とお話しましたが、 『小さい家』『狭小地に建てる家』 とかではないんですね。

【自分好みの丁度いいサイズ】ってあるじゃないですか?

ご飯とかでいうと、小、並、大盛りとかあるけど 自分からしたらこれは・・・既に大盛りです!

みたいなんとか

家族で考えた時にこの車は狭すぎる、広すぎる、丁度いい! みたいなんとかあるじゃないですか??

家もそうなんです!

人や家族によって丁度いいサイズって絶対に同じじゃないんですよ。

本当に必要な大きさで家を作ることでいろいろな良いことがありますよ!

 

〇建築コストも大きすぎる家よりも安価に仕上げられる。

大きいよりも小さい方がコストはかからないですよね?

その分中にこだわったり、設備に拘ったりもできちゃいますよね?

 

〇掃除やメンテナンスが楽!

大きかったり、広かったりすると、掃除も大変!

 

〇無駄なスペースがなくより家族の動きが感じやすい

これは間取りの作り方にもよりますが、より近い距離感で家族を 感じることができますね。

 

〇土地面積もイメージ建物次第ではそんなに大きくなくても平気

駐車場・庭などを考えた時に建物も含めて考えた時に、

検討している土地の大きさよりも小さい大きさでも建てられることができるかも!

 

実際によく大きさで話題に上がるお話をしようかなと思います。

【子供部屋】の大きさなんですが、最近は4.5帖が多いような気がします。

この理由が子供部屋にはベットと机のみ置いてなるべく居心地が良すぎる部屋にはせずに、

リビングなどの家族が集まる場所で過ごしてもらいたい。

勉強も家事をしながら見れるようにリビングスペースに勉強できるスペースを作る。

 

多いですよね?

 

6帖程の大きさの要望があった時に、自分達が住んでいた子供部屋の大きさが6帖ほどで、

友達を部屋に呼んで遊んでいたから、子供にも同じように遊んでもらいたい。

確かにそれであれば4.5帖は狭いですよね?

その部屋で何をしたいか?どんなものを置きたいかで丁度いいサイズっていうのは変わります。

 

きっと物を買う時には、買った物で何をしたいかを想像して買うじゃないですか?

使わない機能が多いもので高額のものを買うより、

自分がやりたい事ができるスペックで値段も丁度いいものを買うじゃないですか。

きっと無意識に【自分好みの丁度いいサイズ】の物を選んでいるんです。

 

注文住宅も同じです!

コラムホームでは4つのコンセプトのうちの1つがコンパクト設計になってます!

 

他人の為に建てるわけじゃないので自分好みの、丁度いいサイズのおうちを!!

 

動画はこちら♪♪  チャンネル登録もお願いします🏡

column-home

【家事ラク】家の中で生活するためのルールだ!Shift・Synchro・Share!~YouTube動画紹介~

【3分Home Building】

~コラムホームコンセプト➁~

~家の中で生活をする為の、ルールだ!~

Shift(移動) Synchro(同期・同時進行) Share(分担・共有)

 

さぁ絶対に皆さん聞いたことあるワードですよね! そう【家事ラク】!

家を建てるなら是非家事ラクは取り入れたい要素ですよね!

とゆうか必須ですよね!

今回は共働きや子供がいる場合・いない場合の家事がしやすいお家についてご紹介!

 

まずは・・・子供がいる・いないに関係なく奥さんに家事の負担がかかっている現状があります。

本当にいつもありがとうございますm(__)m

子どもがいる・いないに関係なくポイントとなるワードは【自分のことは自分でやる!】【マイセルフ導線!】

ご主人や子供が自分自身の事・お手伝いを自然にできるような家づくりがポイントになってきますね。

キーワードは【協力】

 

〇収納のルールを作るべし!適材適所の収納計画

帰宅したら持ち物を入れる収納を玄関からリビングまでの途中に設置する事でリビングが散らかりにくくなりますね!

収納のルール化や習慣化ですね♪

 

〇ご主人や子供が手伝いやすいレイアウトを!

家事の導線が複雑だと、お手伝いをおっくうに感じてしまいます。

洗濯物を取り入れる⇒たたむ⇒収納するで考えると・・・ 動きが分かり易い分ご主人や子供もお手伝いに積極的になってくれるかもしれません。

なにより、家事の導線がスムーズだとストレスなく家事が行えますよね。

 

〇ながら家事導線を意識!

朝食を作りながら・・・洗濯しながら・・・等、○○しながら家事出来るような配置計画を 意識すると時短にもなりますね。

あとは家事をするスペースの見極め!

例に挙げると、ランドリースペースを作る場合【洗う】【干す】【取り込む】【たたむ】【収納する】までを1ヵ所で完結できるような広さが確保できれば理想的ですね。

広いスペースの場合二人や三人でといったように同時に家事ができますね。

 

色々お話してきましたが、

家事ラクとは、 いかに【家での生活や事がらを協力しながら楽めるか】という事が 家事楽といえるのかなと思います。 Shift(移動) Synchro(同期・同時進行) Share(分担・共有) この3つのポイントは家事だけではなく色々なラクな要素にも通づるものがあるかもしれませんね。

家事導線も考慮しながら、家事分担も決め、柔軟に協力しながら効率的に家事をこなしていきたいですね!

 

コラムホームでは4つのコンセプトのうちの1つが家事ラクになってます!

 

自分で話しながら、自分にも言い聞かせてます。

 

動画はこちら♪♪  チャンネル登録もお願いします🏡

column-home

【風と光のデザイン】自然とうまく付き合う事が快適な生活の第一歩!~YouTube動画紹介~

【3分Home Building】

~コラムホームコンセプト➀~

〜風と光のデザイン〜

年中快適!!自然と共存!

 

最近の住宅は性能も高く住みやすいおうちが多いですよね!

それは建物に使われている窓や、断熱材といった商品の性能が高いという事ですよね!

ただ!商品だけにたよってはダメです!

いかにいい商品を使っていてもきちんと性能を出せるように考えて使わないと意味ないですよね?

 

なんてったって自然の力が一番強力だからです!

そして究極のエコ!!

 

新築してから後悔する項目として多いのが

暑い・寒い・風通しが悪い・暗い・結露がある

どれも自然と共存できてないから起こるんですね。

しかもこれは商品を性能の高いものに変えてもダメですよね。

 

そもそもの話で建物の配置、屋根の長さ、窓の種類、大きさ、周辺環境などをきちんと把握して設計する必要があります。

【パッシブデザイン】なんていうんですが、【四季を通じて心地いい事】を目指す設計手法で、

建物そのものが快適な空間を作り出すので、エアコンなどに頼る場面も減って省エネルギーにもつながりますよね。

最近屋根の先が短いスタイリッシュな建物も多くなってきましたよね?

昔は屋根の先は長く伸びているのが印象的じゃなかったですか?

【おしゃれは我慢】のような形で夏の暑い太陽を屋根で防ぐというのが効果的なんですが、真逆ですよね?

もちろんデザインも重要だとは思うんですが、住んでいる人たちが我慢したり、光熱費を余計に払う建物よりも、

快適な建物の方がいいんじゃないかな~と思います。

もちろんデザインも大切ですが長く住み続けていくのにどちらに重きを置くかですね!

一番いいのは両方ですけどね!

 

パッシブ【受動的】・・・他から働きかけを受ける

アクティブ【能動的】・・自ら他へ働きかける

パッシブは建物の周りの自然エネルギーを受けとめ、建物の中で動かせて快適な空間をつくろうとする考え方です。

アクティブは電気やガスなどの人が作ったエネルギーを使って快適な空間を作っていこうとする考え方です。

快適な空間を作るには両方の要素が必要です。

ですが、まずはパッシブを優先しながら足りないところをアクティブで補うという方がいいでしょう!

コラムホームでは4つのコンセプトのうちの1つがパッシブデザインになってます!

電気やガスが使えなくなったらアクティブに頼りきっていた場合・・・ 大変ですよね?

 

自然とうまく付き合っていくことが快適な生活の第一歩です!

 

動画はこちら♪♪  チャンネル登録もお願いします🏡

column-home

【安心を手に入れろ!】家づくりどのぐらいお金がかかる?~YouTube動画紹介~

【3分Home Building】

家づくりってどれくらいお金がかかるの??

分かりにくい!

 

今回は家づくり全体でどれだけお金がかかるのかギュギュっとまとめてお話します!

一般的によく耳にするのは【坪単価】という言葉ですよね!

家を建てる時の1坪(畳2枚分)あたりの建築費の事をいいます!

基本的には建物の【本体価格】を面積で割った金額になります。

 

会社によっては坪単価表記と坪単価表記ではない所がありますね。

55万(坪単価)×30坪(建物面積)=1650万(本体価格)

1650万(本体価格)÷30坪(建物面積)=55万(坪単価)

という2パターンがある(あくまで坪単価で表すときです)

コラムホームは坪単価での表記ではなく間取りを作り、窓、ドアなどを一つ一つ見積もりを取っていく やり方です。

 

【本体価格】というのは建物の工事に関わる金額です!

家を建てる時には他にもお金がいっぱいかかるんですね~

 

➀まず土地を買う時には土地代+登記費用+固定資産税の日割り分+仲介手数料 土地代金の他にざっくり100万円程かかります。

➁建物は【本体価格】+屋外給排水(会社によって呼び方は変わるかもしれません)+諸費用+建築確認申請等の代行費用等で【本体価格】以外にざっくり約300万程かかります。 会社によっては【本体価格】の中に諸費用なども入っていることもあるので聞いてみてください! カーテン・エアコンといった設備も入っている会社と入っていない会社があるので聞いてみてください! 後は地盤改良工事といって土地が弱ければ強くする工事が必要なんですよ! どのぐらいの強さが必要かは調査しないと分からないので概算で予算として見ときます!

➂住宅ローンを借りるのにも手数料や保証料がかかるんですよ。 DVDを借りる時のレンタル代のようなものですね。 借りる金額や借りる所によっても違いますが50万~100万程かかります。

➃保険ですね! 火災保険・地震保険等など、選ぶプランによっても変わるのでまちまちですが30万~45万程かかります。 ⑤最後に地鎮祭・上棟式・引っ越し費用等等、家づくりをするには色々なお金がかかってくるんですね!

例】35坪 2階建て 4LDK

➀土地代(1200万)+100万

➁建物代(2000万)+300万

➂ローン代( 100万)

➃保険代(  45万)

⑤その他(  50万) ※地盤改良工事(100万) カーテン・エアコン等(100万)

合計・・・3895万

家づくりの合計金額は色々と【本体価格】以外にかかるんですね!

さぁ!これで注文住宅を建てるのにはこれだけ色々な金額がかかる事は何となくわかったと思います。

金額が分かったら、今の家賃がこのぐらいだからこのぐらの金額で! ではなく次はプロに資金相談をしてみましょう!

何事もプロに相談すると安心じゃないですか! 安心を手に入れましょう!

 

動画はこちら♪♪  チャンネル登録もお願いします🏡

column-home

【いつ始めるかじゃない!いつ住みたいか!】家づくりどのぐらい時間がかかる?~YouTube動画紹介~

【3分Home Building】

家づくりは1日にしてならず!

家づくりっていったいどれぐらい時間がかかるのかをお話していきます!

 

家づくりをするときに超えなきゃいけないハードルが多い!多い!

 

〇土地探し。

ここでだいぶ時間がかかる方が多いですね。 中々理想の土地に出会うのには時間がかかる! ただ急展開で巡り会う事もあるんで土地探しをしている人は、ネットや散歩などをしてチェックするといいですよ!

 

〇建築会社探し

建築会社のイベント等に参加してどんな建物を建てるのか、どんな間取りの提案をしてくれるのか【どんな特徴+α】があるのかなどなど、吟味していく段階ですね。

 

〇資金のお話

土地+建物でどのぐらいのお金がかかるの~ただこの資金計画は一番初めにやった方が良いんですね! 予算が分からないと土地も建物も検討できない! 行きたい旅行先の話で盛り上がって、計画もバッチリ立てて、お金が足りませんでした・・・。

は悲しいじゃないですか。

なので先にお金のお話、予算を明確にすることが大事なんですよね。 そして銀行での事前審査をやると。 借りられない場合もあったりするのでまず借りられるかを確認!

この3つは同時並行でやる事がポイントです。

大体4~6カ月ぐらいかかりますね。

 

土地も決まって会社も決まったら本格的に建築商談スタート!(1社に絞って) そのあとは会社と打ち合わせを重ねていきます。 ※会社によって打ち合わせのスピードはまちまちですがコラムホームでは2か月程ですね。 ※認定住宅の場合は申請期間に打ち合わせ時間+約2か月がかかります。

 

〇着工(工事開始!)~完成 建て方・家の大きさ・天候等によって左右されますが4~6カ月程で建物が完成します。 駐車場や庭の設えも含めるともう少しかかる場合もありますね。(規模にもよります)

〇土地探し・会社選定・資金計画・・・6カ月

〇打ち合わせ(会社を1社に絞り)・・・・2カ月(+2カ月)

〇着工~完成・・・・・・・・・・・・6カ月

 

概ね1年半ほど家づくりをしよう!と思ってからかかりますね。 なので大事なのは【いつから家づくりをはじめるか】じゃなくて【いつまでには住んでいたいか】だ!

住んでいたい日から逆算してスケジューリングすると動き出さなきゃいけけないタイミングがばっちり分かります!

 

動画はこちら♪♪  チャンネル登録もお願いします🏡