column-home

【おうちメンテナンス】~水まわりのお手入れ~トイレ編

~おうちメンテナンス~

毎日やりたい水まわりのお手入れ編

パパっとお手入れ!!

トイレ編!!

 

時間はないけどキレイを保ちたい!
そんな方には時短お手入れを!

 

~トイレ編~
基本の2つのルール!

➀アイテムはこれだけでOK!トイレ用お掃除ティッシュ!
➁お手入れスピードアップ!お手入れは「上⇒下」

 

【トイレ編】
➀タンクを拭く(手洗いまで)
1.タンクをトイレ用お掃除ティッシュでサッと拭きます。
2.タンクフタ(吐水口部まで)も水アカやほこりがたまいやすいのでサッと拭きます。

 

➁便座を拭く
尿や水ハネで汚れがつきやすいので便座の裏も忘れずに。
×からぶきすると静電気が発生してホコリなどの汚れがつきやすくなる場合があります。

 

➂便器のフチを拭く
汚れがつきやすいのでくるっと1周拭きます。

 

➃床を拭く
尿などの汚れを拭いておくことでニオイの予防にもなります。

 

後は、壁にも飛び散る事があるので壁もサッと拭いてあげるといいですね。

 

最後に一手間!
今は自動洗浄で水が流れる物も多くあると思います。
水が流れる時にはきちんと便座のフタを閉めた状態で流すと
床や、壁に飛び散りにくくなります!

 

慣れてくれば3~5分もかからずに掃除が出来ちゃうと思います!
あとは使う前、使った後のひと手間で劇的に変わります!
キレイを保つトイレのお手入れパパっと編でした!

 

動画はこちら♪♪  チャンネル登録もお願いします🏡

column-home

【おうちメンテナンス】~水まわりのお手入れ~洗面所編

~おうちメンテナンス~

毎日やりたい水まわりのお手入れ編

パパっとお手入れ!!

洗面所編!!

 

時間はないけどキレイを保ちたい!
そんな方には時短お手入れを!

 

~洗面所編~
基本の2ステップ!

➀布・スポンジでサッと!水ぶき
➁水分を拭きとってピカピカに!からぶき

 

【洗面所編】
➀鏡をふく
柔らかいきれいな布で水ぶきします。

 

➁ボウルを洗う
40℃くらいのお湯をかけ、柔らかいスポンジで汚れを落とします。
〇頑固な汚れには浴室用中性洗剤を使用します。

 

➂排水口のゴミを取る
ヘアキャッチャーから歯ブラシでゴミを取り除き、ヌメリを落とします。

 

➃カウンターをふく
固くしぼった布で汚れや水滴をふき取ります。
〇頑固な汚れには浴室用中性洗剤を使用します。

 

⑤水栓金具を洗う
柔らかいスポンジで汚れを落とし、固くしぼった布で水滴をふき取ります。
〇頑固な汚れには浴室用中性洗剤を使用します。
最後にPoint!
➀スグに取る!
汚れは時間が経つと落ちにくくなります。使った後の”ついでそうじ”を心がけましょう。

 

➁モトを断つ!
石けんカスや髪の毛、水分はカビや細菌の栄養分です。モトを断って汚れを予防しましょう。

 

➂水滴に注意!
洗面化粧台についた水滴をそのままにしておくと、水に含まれるカルシウム
などの金属イオンや塩素が頑固な汚れに変化します。
使ったら水分をふき取る習慣を身につけましょう。

 

慣れてくれば3~5分もかからずに掃除が出来ちゃうと思います!
 キレイを保つ洗面所のお手入れパパっと編でした!

 

動画はこちら♪♪  チャンネル登録もお願いします🏡

column-home

【おうちメンテナンス】~水まわりのお手入れ~浴室編

~おうちメンテナンス~

毎日やりたい水まわりのお手入れ編パパっとお手入れ!!

浴室編!!

 

時間はないけどキレイを保ちたい!

そんな方には時短お手入れを!

 

~浴室編~

基本の3ステップ!

➀入浴ついでに少し熱めのシャワーで汚れを洗い流す!

➁冷水のシャワーで浴室内の温度を常温並みにする

☆汚れが目立つ場合は柔らかいスポンジで汚れを落としましょう!

➂窓を開けるか、換気扇を回すかして十分に換気する。

 

【浴室編】

➀壁・鏡を洗い流す

➁浴槽・エプロン(浴槽の外側)を洗い流す

➂カウンター水栓金具を洗い流す

➃床を洗い流す

⑤ドアを拭く

×シャワーでは洗い流さない方が良いです

⑥浴槽を洗い流して拭く(ヘリの部分)

浴室で一番の悩みは【カビ】ですよね・・・。

 

~カビ予防~

〇温度を下げる

カビの活動に最適な室温は20~30℃

入浴後は冷水シャワーをかけ、温度を下げましょう。

 

〇湿度を下げる

カビは湿度70%ぐらいでもっとも繁殖します。

入浴後3時間以上は換気扇をまわすか、 窓を開けて換気をしましょう。

浴槽はかならずふたをして、できればお湯を抜いてしまうのがベストです!

 

〇栄養源を絶つ

湯あかやせっつけんカスはカビの好物。

最後に入浴した人は、さっと洗い流すようにしましょう!

 

慣れてくれば3~5分もかからずに掃除が出来ちゃうと思います!

キレイを保つ浴室のお手入れパパっと編でした!

 

動画はこちら♪♪  チャンネル登録もお願いします🏡

column-home

【おうちメンテナンス】~水まわりのお手入れ~キッチン編

~おうちメンテナンス~

毎日やりたい水まわりのお手入れ編 パパっとお手入れ!!

キッチン編!!

 

時間はないけどキレイを保ちたい!

そんな方には時短お手入れを!

 

~キッチン編~

基本の2パート!

➀IH・ガスコンロを使ったら火まわりを!

➁食器洗いのついでに水まわりをさっと!

 

【火まわり編】

➀トッププレートを拭く!

柔らかい布で水拭きします。

調理の余熱を利用するのがポイント!

〇吹きこぼれは乾くと落ちにくくなるので早めにお手入れを。

×加熱中や直後は高温になっているため、やけどに注意してください。

 

➁壁を拭く

キッチンパネルを柔らかい布で水拭きします。

下から上えとこすりあげるのがポイント!

〇仕上げにからぶきで水気を取りましょう!

〇汚れは上から下へ垂れるようにつくので、お手入れは逆にするのがポイント!

 

➂使った時にグリルを洗う

柔らかいスポンジに台所用中性洗剤をつけ、温かいうちにサッと洗うだけ。

〇汚れのこびりつき・においを予防する事ができます。

 

【水まわり編】

➀シンクを拭く!

ワークトップとのすき間まで柔らかい布で水拭きします。

1日の終わりはからぶきも忘れずに。

 

➁ワークトップを拭く!

固く絞った布で水拭きした後、からぶきで仕上げましょう。

〇木のシートを貼ったカウンター等は柔らかいスポンジは使わず、柔らかい布を使用しましょう。

 

➂水栓金具を拭く!

水をかけ流し、からぶきで水気を取ればピカピカになります。

〇付け根は、乾いたタオルを巻きつけて磨くとキレイになります。

 

慣れてくれば3~5分もかからずに掃除が出来ちゃうと思います! キレイを保つキッチンのお手入れパパっと編でした!

 

動画はこちら♪♪  チャンネル登録もお願いします🏡

column-home

【おうちメンテナンス】~水まわりのお手入れ~洗剤の種類

~おうちメンテナンス~

毎日やりたい水まわりのお手入れ編

 

~洗剤の基本~

取り合えずこの洗剤を覚えれば大丈夫!!

 

~基本は中性洗剤~

 

日々のお手入れで汚れを予防していれば、強力な洗剤はほとんど必要ありません。

なので普段の基本的な汚れは中性洗剤で十分です!

ひどくなると・・・

〇こびりつきはクリームクレンザー

〇水アカは酸性系

〇油汚れはアルカリ系

等と洗浄力の強い物が必要になってきます。

強い洗剤は、ラベルの注意書きをよく読んで使いましょう

 

〇材質を傷めないように、マイルドなものから試しましょう。

〇洗剤分が残ると変色やシミ、割れの原因になるため洗剤分は残さないようにします。

よく掃除の際に聞く『クエン酸』と『重曹』は環境にやさしく落とす汚れ・使えない汚れをご紹介します。

 

~クエン酸で落とす汚れ~

水アカ・洗剤・石けんカス・魚の生臭さ

クエン酸が使えない汚れ~

大理石 ×表面がくもり、つやがなくなってしまいます

 

~重曹で落とす汚れ~

手あか・黒カビ・油汚れ・生ゴミ臭

~重曹が使えない汚れ~

アルミ製品 ×表面が黒ずんでしまう。

パウダー状での使用はステンレス製品に こすりキズがつく恐れがあります。

 

~他の洗剤の活躍の場~

クリームクレンザー

しつこい汚れを研磨して落とします。

 【標準】⇒キッチン・トイレ

浴室用】⇒浴室・洗面室

 

カビ取り剤(塗るタイプ)

継ぎ目に使用するには塗るタイプがおすすめです。

⇒キッチン・浴室・洗面室

 

ガラスクリーナー

鏡の手あかやほこりを浮かせて落としやすくします。

⇒浴室・洗面所・トイレ

 

~場所ごと特有の洗剤~

キッチン

油汚れ用弱アルカリ性洗剤 配管の汚れやヌメリを落とします。

 

浴室

風呂釜洗浄剤

発砲する泡で風呂釜や配管内部の汚れを落とします。

 

洗面室

排水パイプ洗浄剤

配管内の汚れやヌメリを落とします。

 

トイレ

シャワートイレおそうじクリーナー

布に吹き付けて使用します。ノズル汚れにも適しています。

 

いや~洗剤の種類って多いですよね! 洗剤を使う前には必ず注意事項をよく読んで使いましょう!

 

動画はこちら♪♪  チャンネル登録もお願いします🏡

column-home

【おうちメンテナンス】~水まわりのお手入れ~汚れの種類➁

~おうちメンテナンス~

毎日やりたい水まわりのお手入れ編

 

~汚れの基本~

水まわりのよごれの種類編➁!

汚れを知って、汚れを制する。

 

今回は水まわりのよごれの種類➀の続きです!

色々な汚れの場所・原因・対処法についてお話していきます!

〇光沢のくすみ

場所:操作パネル、ドアノブ、便座

原因:皮脂がつくことで、ぬるぬるしたり、光沢がなくなったりします。

対処:固くしぼった柔らかい布で水ぶきします。

 

〇黒ずみ

場所:便ふた、便座

原因:衣類の繊維やトイレットペーパーのチリが他の汚れと融合してできます。

対処:十分しぼったやわらかい布で水ぶきします。

☆頑固な場合は中性洗剤を使用します。

 

〇ヌメリ

場所:排水口、排水トラップ、ゴミ収納バスケット

原因:水気があるところに細菌がつき汚れを栄養に増える時、ヌメリと臭いが発生します。

対処:中性洗剤を2~3分置いてから柔らかいスポンジでこすり水で流します。

 

〇もらいサビ

場所:浴槽、洗面台、キッチンのシンク

原因:鉄製品から出たサビの付着や、水道水に含まれる微量の鉄分などから発生します。

対処:クリームクレンザーを柔らかい布につけ、やさしくこすります。

 

〇緑青(ろくしょう)

場所:浴槽、トイレ手洗い吐水口

原因:配管からの銅イオンと、身体や石けんからの脂肪酸が反応して銅石けんになります。

対処:浴室用中性洗剤をかけて2~3分おき、柔らかいスポンジでやさしくこすり、水で流します

 

さぁこれで水まわりの汚れを一通りお話してきましたが、 いろんな汚れがある!

汚れを知って、汚れを制する。

 

次は洗剤の基本をお届け!

 

動画はこちら♪♪  チャンネル登録もお願いします🏡



 

column-home

【おうちメンテナンス】~水まわりのお手入れ~汚れの種類➀

~おうちメンテナンス~

毎日やりたい水まわりのお手入れ編

 

~汚れの基本~

水まわりのよごれの種類編➀!

汚れを知って、汚れを制する。

 

今回は色々な汚れの場所・原因・対処法についてお話していきます!

〇水アカ・湯アカ

場所:水栓の吐水口まわり、浴室、便器の内側

原因:水アカは水道水の成分から起こる。

湯アカは皮脂・石けんカスなどとの結びつきでできます。

対処:浴室用中性洗剤を柔らかいスポンジにつけてこすり、水で洗い流します。

☆頑固汚れはクレンザーを使用し、強くこすらず、汚れ部分を4~5回磨いては水をかけます。

 

〇ピンクの汚れ

場所:便器の内側、手洗い器、排水口、浴室の壁、床

原因:空気中の細菌が、手あかや石けんカスなどを栄養源に繁殖したものです。

対処:中性洗剤で落とし頑固な場合はカビ取り剤で落とします。

 

〇黒・紫・ピンクのカビ 場所:浴室、トイレの壁、便器の内側、キッチンのワークトップ(シリコン材)

原因:カビが手あか、石けんカスを栄養源に繁殖したものです。

対処:中性洗剤で落とし頑固な場合はカビ取り剤で落とします。

☆シリコン材は割りばしの先に布を巻き、弱アルカリ性洗剤をつけこすり、水ぶき、からぶきします。

 

〇サビ(黒っぽいガサガサ)

場所:給水ホースなど金属部分

原因:湿気や腐食ガスによって金属・メッキ製にサビが発生したものです。

対処:たわしやスチールウールでやさしくこすります。

 

〇白っぽいざらざら 場所:手洗い器、浴槽のフチ

原因:石けんや人の脂肪分が水道水中の金属成分と反応してできます。

対処:中性洗剤を使って落とし、頑固な場合はクリームクレンザーをつけ磨きます。

 

さぁ主な水まわりの汚れでしたが、あるある・・・。ですよね。

今回はここまでという事でまだ半分ぐらいです。 次は汚れの種類➁を動画でお届けします!

汚れを知って、汚れを制する。

 

動画はこちら♪♪  チャンネル登録もお願いします🏡

column-home

【WBHOUSEってどんなおうち?】透湿透過!湿度とは家の汗だ!

~WBHOUSEってどんなおうち?~

〇WBHOUSEの呼吸➁

~暑ければ家も汗をかく!湿度とは家の汗だ!~

第2の呼吸!透湿透過!

 

さぁ、家の呼吸の二つ目が【透湿透過】です!

いわゆる【内側から外側へ水蒸気を出す】ですね!

最近よく耳にする【調湿】とは少し違うんですね。

調湿は湿度を吸収し吐き出すといったように、壁の中には残っている状態になります。

よくお風呂場で使われている珪藻土マットのイメージです。

マット内には水分が残っている為、きちんと管理をしておかないとカビてしまう可能性もありますね。

カビの原因は汚れの蓄積・多湿な場所! 家の壁がカビたら嫌ですね・・・。

珪藻土のお話をしましたがWBHOUSEの壁紙は【紙】で出来ています。

透湿透過の秘密はこの紙クロスなんですね!

一般的なお宅はビニールクロスってやつです。

 

カビのお話もしましたが、一番多く聞く悩みは【結露】ですね。

朝起きて結露⇒窓ふき⇒はぁ~↓↓

 

という冬場の朝の嫌なルーティーン。

 

そんな結露とは無縁の室内環境をつくるのがWBHOUSE、透湿透過の秘密です!

まずは結露について少し・・・ 結露は室内と室外の気温差が激しくなることから窓ガラスなどに水滴がつく現象です。

その中で切っても切れないのが【湿度】

言い換えると水蒸気量、目には見えませんが、この量が多い事を【湿度が高い】というんですね。

水蒸気量のキャパがオーバーすると気体として存在できなくなった水蒸気が水という目に見える形で現れます。

ほおっておいたグラスにいつの間にかついている雫や、お風呂場の鏡などのくもり、水滴が結露です。

 

結露はなぜよくないのか?

 

ほおっておくと・・・?

 

〇カビ・ダニの発生

〇シミの発生(壁・天井)

〇腐食の発生(壁などの内側)

〇人体影響 内部結露怖いですよね・・・。

という問題が建物や人にも悪影響を及ぼしかねません。

さぁ色々お話してきましたが、

 

ポイントは【湿度を通す壁】 家の発汗作用なわけです!

 

日本の昔の家づくりを参考にし、土壁の原理を応用し、臭いも化学物質も 湿気と共に壁を通過!

電気を使った24時間換気システムに頼らなくても、深呼吸したくなる結露のない家が実現します。

常にクリーンな空気で保たれるというわけですね。

近年空気のキレイさが話題にあがる事が多いです。

有害物質や臭い等を外に排出する事で空気のよどみがない空間が実現します。

目には見えない部分だからこそ、拘る必要があると考えています。

 

特に、結露やアレルギー症状等で悩まれている方にはWBHOUSEはとてもおススメです!

WBHOUSEは風通しと湿度をコントロールし室内を快適な温室・空気環境を作り上げる建物です。

それも電気を一切使わずに! 相反する【通気と気密】を行う反則技のような建物です!

この➀・➁の動画を見た後に又WBHOUSEってどんな家?を見るとよりなるほど! と思ってもらえるかもしれません☆

 

一年通して快適な生活を!

 

動画はこちら♪♪  チャンネル登録もお願いします🏡

column-home

【WBHOUSEってどんなおうち?】通気!風通しこそ過ごしやすい家の秘密だ!

~WBHOUSEってどんなおうち?~

〇WBHOUSEの呼吸➀

~風通しこそ、夏過ごしやすい家の秘密だ~

第一の呼吸!通気!

 

さぁ、家の呼吸の一つ目が【通気】です!

いわゆる【風通し】ですね! もちろん、他の家も風通しを考えて家づくりをしていると思いますが、

WBHOUSEの場合は 家の中、そう!骨組みの中です!

イメージとしては夏の暑い日にTシャツをめくって肌に直接うちわで風を当てたりとか。

そう!服と肌の間に風を送るわけです!

風の入り口は基礎部分にあり、出口は屋根部分に【通気口】というものがついています。

空気の性質を利用した循環システムを利用しています!

自然な空気の流れが、焼け込みの熱を緩和し、無駄な湿気を一掃する仕組みで、

壁の中を空気が流れる事で、室内は熱気の影響を受けにくい快適な空間になります。

湿気で木材が劣化しないから、家はいつまでも丈夫です!

カンカン照りの暑い日に海やプールに入ると気持ちのいい温度に感じるじゃないですか?

身体の表面を水が包み込んで厚さを伝えにくくしているいわゆる【水の壁】が出来るんですね!

一般の建物と比較すると、

外壁⇒断熱材⇒室内壁⇒壁紙⇒室内

 

WBHOUSE

外壁⇒断熱材⇒通気層⇒室内壁⇒壁紙⇒室内

 

通気層が入る事で断熱材にたまっている暑さを直接室内の壁に伝えることなく、

熱気として掃き出し 風の道を通り外に出してくれます!

すごい!!

夏向きの家の真骨頂ですよね!

エアコンのひと手間、【壁を冷やす】という手順も減り省エネに繋がりますね~

夏の話ばかりしてきましたが、冬はどうなんじゃい!

という事で、次は冬です。

 

〇寒くなったら服を着こむ!

人間と一緒です! 家も同じように季節に合わせて衣替えしてくれます。

さっき【通気口】のお話をしましたが、各通気口に気温で伸縮するバネが入っています。

来ているダウンジャケットのファスナーをしめる・開けるのようなものです。

人は手動で行いますが、WBHOUSEの場合は気温に応じて自動で開閉する仕組みになっています。

17度で全部閉まり・23度以上で全部開きます!

 

仕組みはこうです!

通気口からの冷気を遮断し、冬の冷え込みを抑えます。

壁の中に空気の層ができて、家の中の気密性・断熱性がアップします!

壁の中と家の中でおしくらまんじゅう状態!

壁の中の空気を動きにくくすることで、室内暖房の熱が逃げにくくなり断熱性がアップします。

夏の通気性とは一変して、家の気密性が高い状態になります!

 

さぁこれが一つ目の呼吸の【通気】のお話でした!

瞬間の心地よさ【快感】を感じる家ではなくずっと気持ちのいい【快適】を求める家づくりを!

 

動画はこちら♪♪  チャンネル登録もお願いします🏡