column-home

こんばんは。

春一番が吹いたり、寒い日が戻ってきたりと気候の変化に戸惑っているコラムホーム広川です。

タイトルにもありますが【昔の家~現代の家~これからの家】を体験できるLIXIL住まいスタジオという施設に行ってきました。

ショールームには外気温・室内空調機器の温度は同じ条件として室内の温熱環境の違いを体験してきました。

図で説明していきますね☆

【昔の家の断熱】

 

 

 

 

 

 

 

 

【サーモグラフィーによる温度の違い】


 

 

 

 

 

 

※高温(白⇒赤⇒オレンジ⇒緑⇒青)

【現代の家の断熱】


 

 

 

 

 

 

 

【サーモグラフィーによる温度の違い】


 

 

 

 

 

 

【これからの家の断熱】


 

 

 

 

 

 

 

【サーモグラフィーによる温度の違い】


 

 

 

 

 

 

真っ赤です!!

【各時代の家の消費電力比較】


 

 

 

 

 

 

図で見ると一目瞭然ですね!

昔の家に比べ断熱性能があがり消費電力や熱を逃がさない、取り込まない事で室内の温熱環境が全く違っています。

次に・・・弊社のコンセプトの一つでもあります・・・

【パッシブ】の部分のお話です!

※デッキ側が南の方位のイメージとなります。


 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

日照をうまく取り入れたり、遮ったりすることによって室内の環境が変わってきます。屋根の先を長く出したり、オーニングといった後付けの屋根を出すのも効果的です!

【西日】


 

 

 

 

 

 

西日は午後から直線的な光が室内を照らします。


 

 

 

 

 

 

対策として外付けのシェードや採風式のシャッターなどがございます。

春夏秋冬太陽の高さ等が変わっていく中で、自然とうまくお付き合いをして家の中の環境を整える事が省エネにも繋がっていきますね。

 

弊社ではコンセプトをもとに設計をさせて頂いております。

又、【気密】と【通気】という相反する内容を両立させている特殊工法もございます。

・・・気になりますよね??

気になった方は一度コラムホームまで遊びに来て頂けたら嬉しいです!