column-home

緑を楽しむ 小屋裏3階建て

【41坪】平塚市

園芸がご趣味のご夫婦が建て替えられた小屋裏3階建ての家。

庭として取れるスペースはほとんどありませんでしたが、

「どうしても緑を残したい!」というお施主様の希望から、

もともと植えてあったケヤキの木を残すことになりました。

今もシンボルツリーとして家族の皆様に大事にされています。

海に近いため、夏場の蒸し暑さでお悩みでした。

そこで自然の力で湿度を抑え夏涼しい「呼吸する家」の工法を採用しました。

梅雨の時期でも部屋の中がジメジメしないとのうれしい声を頂いています。

限られた敷地の中でいかに広く部屋をとれるかが大きな課題でした。

できる限り廊下を無くし、1Fの廊下は玄関ホールのみとしました。

また、キッチンの生活感がリビング側に見えないように、

キッチンの腰壁を高めに設計し、湿気を吸収するタイルを貼りました。

客間としても使える1Fの和室。

押入の下には蓄熱暖房機を設置しており、

冬になると家全体をほんのりと暖かく包み込みます。

3階の南側には書斎コーナーとして使えるカウンターを設置しました。

明るく風通しが抜群で、夏場でも夜は自然の風で十分涼しく寝られるそうです。

物件概要

所在地 神奈川県平塚市 工法・構造 木造軸組(呼吸する家)
敷地面積 110.92㎡(33.5坪) 建築面積 55.88㎡
延床面積 136.63㎡(41.33坪) 設計期間 6ヶ月
工事期間 6ヶ月 家族構成 3人