column-home

WBHOUSEの室内の壁や床の温度

こんにちは、営業主任 小林です。

令和として初めて迎えるお正月、

皆さんはどのように過ごされましたでしょうか。

 

僕は自宅を持って初めてのお正月でした。

思い入れのある自宅に親族を招いて

全員で食事やお酒を楽しむのは格別でした。

また、みんなが楽しそうにしている様子を

子供たちが嬉しそうにみている姿をみて

自宅を建ててよかったなと思いました。

まだ賃貸に住んでいたころ。

私が過去担当したあるオーナーさんから

子供のふるさととなる、自宅を早く立てなさいと言われたことがあります。

子供たちが帰ってこれる家、

みんなが集まって楽しめる子供にとっても自慢の家になったなと

日本酒を飲みながら感慨深く感じていました。笑

 

さて、最近はまっているがあります。

リフォーム営業の横溝さんから借りているものなのですが、

カメラを向けると温度が可視化される優れものです。

正式名称は知りません。笑

自宅の様子を撮影したので貼り付けます。

 

撮影日は2020/1/19(日)夕方6:30頃の秦野での自宅の温度の様子です。

朝9時までエアコンを入れていて、室内温度は18℃でした。

その後、エアコンは切り、室内に人もいない状態にし、

帰宅後の温度の様子です。

外気は7度です。

建物はWBHOUSEで建ててます。

ちなみに、撮影場所はリビングで吹き抜けになっており、

ロフトまで一つの空間になっています。

室内の壁の温度は15℃~17℃くらいです。

床は無垢材ですが、16℃くらいです。

リビングはタイル張りにしていて、15℃くらいです。

 

率直な感想は、

WBHOUSEって結構暖かいんだな。笑

 

そして、何より驚いたのは

床タイルって、意外と暖かい。

蓄熱しているからかえって温度が保たれているのか。。

検証が必要です!

 

WBHOUSEが暖かいというのは

また次回にお話しさせて頂きます。

断熱材だけの効果ではないということだけ先にお伝えしておきます。