column-home

だいぶ、朝晩は涼しくなってきたかな~と思ってましたが、

まだ日中は暑いですね。

異常気象です。

今、住んでいる皆様のご自宅は、快適でしょうか?


木造住宅とはその名のとおり、建材に木材を使用した住宅のことで、日本では古くから用いられてきた主要な建築構造です。現在においても、鉄骨系の住宅が増える一方で、木造住宅は変わらず選ばれ続けています。
建築中の『構造』をじっくりとご覧になったことのある方は少ないと思います。

 

先日行われた秦野市渋沢【カシータ構造見学会】の写真です


木材には、杉やヒノキが採用されることが多く、木々のほのかな香りが立つのも木造住宅ならではの魅力です。鉄骨系の場合、あらかじめ構築材に耐火処理や防錆処理を施す必要がありますが、木造住宅は木材自体の種類や厚みによってある程度の耐火効果を発揮できますし、

最近のサッシなんかは特に耐火性が優れているものになってます。

構造見学会では、完成物件と違ったそのような現物を肌で感じられるのです。

今回の、【カシータ構造見学会】では、周辺環境が自然に囲まれていて、最高の環境です。

そこに建つ【カシータ】は木造住宅でありますので香りや視覚による癒やし効果があり

天然の木材を使用することで自然の魅力溢れる空間となり、あたたかみのある建物となってます。
ここの魅力は何といっても、約70坪超の敷地ならではの家庭菜園の出来るお庭、大きめの窓から見渡せる景観、
(天気のいい日は世界遺産富士山も)
そして、戸建賃貸でこんなに車が置けるの?という広々とした駐車場です。

構造ではなくて、完成が見たい!!というお客様が多いですので、

是非、完成見学会での多くのご来場お待ちしております^^