column-home

2月24日OB様宅訪問させて頂きました!

本格的に花粉がひどくなってきましたね。

僕はスギ花粉に弱いのですが、薬を飲んでいないと業務に支障がありすぎです。

夜も鼻が詰まっているため、いびきで家族の睡眠の妨げになってしまいます。

早くこの時期を超えたいです。

そんな中コラムホームの窓の外には杉の木が大量にあります。

営業の小林です。

 

先日24日(土)にエスコートホーム(OB様宅訪問)イベントを行いました。

完全予約制で枠も少ないので、お断りしてしまった方には申し訳ございません。

また次回をお楽しみにしてください。

今回も3組のお客様をOB様宅へ訪問してきました。

WBHOUSEという工法の住み心地・子育て世代の2Fリビングという間取り・コラムホームの選定理由など

実際にコラムホームで建てた方の目線でお話を頂きました。


住み心地を聞いて「梅雨時期も室内干ししてるの??」と驚かれたり

実際の広さを見て「こんな感じなんだ~」とそれぞれの現時点でのプランと比較イメージしたり

コラムホームに決めた理由を聞いて「確かに建てた後の付き合いや、会社の雰囲気は大事ね~」を納得されたり

ご参加されたお客様はいい体験になったと仰っていました。

毎回嬉しく感じるのは

OB様のコラム愛!

始めはどんな会社か知ろうとして

それが少しづつ好きになって

今ではお引渡し後7年経ってもずっと好きでいてくれている。

これってすごい事だと思います。

ただモノを買うのではなく

コトを創る。

そのコト創りへの姿勢が

こうやってOB様のコラム愛に繋がっているのかと

それも7年前も今も

 

これからも新しく出会うお客様

末永いお付き合いとなっていくOB様

大切に大切に

接して行きたいと改めて思いました。

column-home

お引渡し

新築営業 小林です。

皆さん初夢は見られましたか?

僕はいつも初夢を見ていた記憶がないのですが、

今年ははっきりと記憶しているくらいインパクトのある初夢を見ました。

初夢はとてもワクワクする夢でした。

その夢が実現できるように今年も一年頑張ります。

 

さて、

今日はお引渡しでした!

この日を待っていたような、

迎えたくないような、

お引渡し当日は少しセンチメンタルな気持ちになります。笑

 

今回のお施主様とはちょうど一年前に

HPからお問合せを頂き、建築計画がスタートしていきました。

FP(ファイナンシャルプランナー)相談をして

ご自身たちの生活に対して、建築にかけられる予算を計画したり、

お土地探しで一緒に見て回ったり、

生活スタイルをお聞きしてプランを作成したり、

OB様のご自宅に行ってOB様の建築打ち合わせや建築中のお話し、

住み始めてからの光熱費やWBHOUSEの住み心地のお話を聞きに行ったり、

初めてのご融資の事前審査やお土地の契約、建物の契約

いろんな思い出があります。


※FP相談の様子

 

そんな中で、一番嬉しく感じたことは

お施主様が僕の事をほんとに信頼・信用していてくれているということ。

 

 

注文住宅はモノを買うというより

コトを作り上げていくという事かと思います。

 

お互いに相手を尊重し合えたからこそ

これだけステキな住まい創りが出来たと思います。

また、こんな住まい創りをしていけるように

精進していきます。

 

column-home

今年も残すところあとわずか・・・。

こんばんは。

今年一年は皆さんどんな年でしたか??

私はもう少し体を動かせる1年にできればよかったと反省です・・・。

来年は動くぞーー!!

と今年を振り返る広川です。

 

さて、今年も残るところあと数日。

年末は何かと忙しい時期だと思います。

 

弊社では毎年、今年1年の感謝の気持ちを込めて

弊社で建築していただいたお施主様にご挨拶周りをさせて頂いております。

 

『建ててからのお付き合い』

 

初めてお会いする方等もご挨拶に行くと皆さんとても笑顔で出てきてくださいます。

コラムホームとお客様との関係性の深さを改めて実感しました。

 

人との繋がりを実感することが出来るとても良い時間でした。

 

弊社では建てて頂いたお施主様よりお声を頂いております。

『ありがとうございました』『二世代でコラムさんで建てます!』

等、うれしいお言葉を頂いております。

 

皆様の応援にきちんと添えるように、笑顔が溢れる家づくりを追求していきます。

 


 

column-home

自然と共に~はだの~

こんばんは。

今年も残すところ後1か月。季節の移り変わりを楽しんでいる営業の広川です。

 

タイトルにも書きましたが、秦野は自然が多く季節の変化を楽しめる地域だと思います。

「春は桜」「夏は川で遊ぶ子供たちの笑い声」「秋は紅葉」「冬は山々の雪化粧」

と四季を身近に感じられる場所だと思います。


私も秦野で生まれ秦野で現在も住んでおりますが、小さいころを振り返ってみると、自然と共に

過ごしていたんだなと改めて感じました。

 

人は緑を見ると落ち着く、川のせせらぎを聞いて癒されるなど心のどこかに自然と共生したいという

想いがあるのではないかと思います。


 

夏は縁側でスイカを食べ風鈴の音を聞きながら風情を感じるなど・・・

現代の社会だからこそ、昔ながらの生活に興味、共感して頂ける人も多いのではないでしょうか??

 

弊社は「自然との共生」の考えを建築に取り入れております。

自然の風を感じながら過ごすリビング、明るい日差しを浴びながらウッドデッキで走り回る子供たち

リビングの先の大きい窓からは子供が生まれた時に植えたシンボルツリーが季節が変わるごとに表情を変えてくれる風景を額縁に見立てた大きな窓から見せてくれます。

子供部屋は朝日が差し込み「おはよう」と1日の始まりを教えてくれる。


冷暖房での生活も管理された環境の中で過ごしやすいとは思いますが、やはり自然の力を有効的に取り入れる事が家にも人にも環境にもいいのではないでしょうか。

そんな生活を想像するときっとみんなすごく幸せそうな笑顔で帰るのが楽しくなる家になるのではないかと私は思います。

毎日いる家だからこそ、笑顔の多い家づくりをしていきたいと思っております。

 

家を建てるきっかけのほとんどが「子供が生まれる」等の理由が多くあると思います。

最近アレルギーや喘息をもっており、季節の変わり目に咳が止まらない、寝ている時に咳で起きてしまう。病院に通い続けている等、日々の生活の中であきらめてしまっている、しょうがないと思っている方も多くいるのではないでしょうか??

 

私の子どもも季節の変わり目にはせき込んでしまい、夜、咳で起きてしまうこともあります。

目には見えない「空気」の部分がとても大切なんだとWBHOUSEで建てて頂いたお施主様のお話を

聞いて改めて実感しました。

 


「人」「家」「地球」にやさしく自然と共に過ごしていく家づくりを弊社ではご提案させて頂きます。


お悩みがひとつでも共感していただければ一度足を運んで頂けたら嬉しいです。

一緒に笑顔の絶えない家づくりのサポートが出来ればと思います。

column-home

想いとかこだわりとか

毎週火曜日は地域清掃と展示場の外掃除を行っていますが、

落ち葉が増え、秋を感じています。

全員で朝から何かをすることは一体感も感じて気持ちがいいです。

こんばんは、営業主任 小林です。

 

さて、先日ご招待頂きTOTOさんの工場見学に行ってきました。

TOTOさんの陶器の作る工程を一つ一つ見させて頂きました。

粘土の種類や、石膏に入れるまでの工程、人の手によって整えていく細かい作業は

これぞ職人!と感じさせてくれるとことでした。

100年の歴史、TOTOさんの先代からの想いやこだわり、新しい取り組み等、

改めてTOTOさん必要とされている理由を感じました。

工場の内部は写真を撮ることが出来なかったので、

工場の一部を撮影した画像を載せます。笑

 


 

いろいろ振り返るとTOTOさんにはまだまだ及びませんが、

コラムホームにも100年先も必要とされる会社でいるというスローガンがあります。

また、TOTOさんにも負けない自慢の職人さんがいます。

先日の構造見学会でもご来場されたお客様は施工の

施工の丁寧さに感動されていました。


いろんな人の想いやこだわり、新しい取り組み等

これからももっともっと精進して、

街づくり・地域守り・家守りしていきます。