column-home

6月2日(土) 主催:コラムホーム 後援:秦野市環境産業部 森林づくり課

協力:秦野市森林組合 市川屋

 

今年も伐採体験の季節がやってまいりました!

前年に引き続き、大盛況の中伐採体験を行ってきました!

大人からお子さんまで総勢6組(大人13名 子供11名)での伐採体験!

今回は早々と予約で埋まってしまいました!

 

コラムホームとして秦野の美しい自然を広く知って頂きたい、豊かな森林財産を守りたいという願いを込めて、町づくり、森守り、全ての物事には必ずしも強い『想い』を持って取り組んでいる方、向き合っている方がいることに感謝を感じながら自然の素晴らしさを実際の現場での環境に触れ、森守りに携わっている人々の想いを感じる事ができる貴重な体験となりました。

コラムホームは人々の想いを一番身近に感じ、何かあったときには一番の協力者でありたい、永大家守り、町づくりを先頭にたち皆さんと創り上げていきたいと思っております。

また近年『地産地消』という言葉を耳にする事も多くなってきているように思います。

コラムホームでは秦野の木を使用し家づくりを行っております。

人と自然、まちとの絆を育み、皆が笑顔で暮らすための家づくりをこれからも続けていきます。


 

【伐採見学ツアー】

場所は秦野市蓑毛の山の中にて実施いたしました。当日は6月初旬という事もあり少し汗ばむ陽気でしたが、山々の木々たちが太陽の光をカーテンのように遮り、心地よい日差しが注がれとても過ごしやすい気候でした。

時間は午前中のみの開催となり、午前10時から12時頃まで貴重な体験をさせて頂きました。

今回は中型のバスをお借りして現地に向かいました。

☆植栽等での日射遮蔽はとても気持ちがいいですね!夏場は生い茂る葉が太陽を遮り、冬場は新しい葉をつける身支度の為枯れてしまいますが、冬の温かい太陽の光がきちんと地面に注ぎます。

☆住宅を建てるうえでも太陽の光の取り方で室内の温度環境や省エネ性にも繋がりますね!

 

【現地での流れ】

➀山・森・木の説明、伐採、間伐の大切さ

②秦野の木材について

➂伐採見学

➃伐採体験

⑤丸太切り体験(切株をお土産として頂きました)

今回もタウンニュースの方が取材に来てくださいました!!

 

『はだのブランド』既に耳にされた事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか??

秦野市と言えば!『秦野のおいしい水』が名水1位になりましたね☆

実は木材も歌舞伎座の床に使われているぐらい品質の良い木材なんです!

コラムホームでは『はだのブランド』の認定を受けた注文住宅の建築を行っております。

 

『はだの木和美』

秦野産木材を使用し、四季を通じて自然エネルギーを積極的に取り入れる木造住宅。

太陽高度を踏まえ庇を設け、夏は日差しを遮り、冬は屋内に快適な光を通し、快適な

室内環境を作り出します。また建設地の風向きを把握し窓を設ける事で光や風を

コントロールするパッシブでフレキシブルな住宅です。

 

上記の方に記載してあった・・・植物等での日射遮蔽の部分とコンセプトは繋がってきますね!

コラムホームの家づくりとしてのコンセプトの一つが『パッシブ』です!

その他にもあと数点ございます。気になった方はご気軽にご連絡ください!

 

さて長々と失礼しました。本題の伐採風景です。

〇写真にてご説明します。 大迫力でした!!

実際参加されたお客様に伐採体験として手伝って頂きました!!

 

最後の写真は『受け口』と言われる一番初めに行う工程で出た木材です。

写真で伝わるでしょうか・・・表面がツルツルと水分を含み、みずみずしかったです!

なんと含水率300%!!

少しお肌に分けてもらいたい・・・。

最後に・・・


参加された方全員丸太切り体験をし、実際ご自身で切った丸太をお土産として持って帰って頂きました。

また、檜のウッドチップももう一つのお土産として!

お風呂にいれて檜の香りを感じたり、シューズボックスに入れる事で消臭として使用したりと

使い方は様々です☆

 

今回も大盛況に終わり、ご参加いただいたお客様からは、『とても楽しかったので両親にも話しちゃいました!』『楽しかったんではしゃいじゃいました』と嬉しいお言葉を頂きました。

次回は秋口に伐採体験イベントを考えておりますので、今回行きたかったけど行けなかった・・・。

という方は秋口のご予約お待ちしております!!

 

長々と報告になりましたが最後に!!


パシャリ♪♪